先日テレビを見ていると三省堂書店員さんの新井さんという方が出ていて、本の紹介をしていた。その一つに「イノセント・デイズ」(早見 和真)という死刑執行を受けた少女の話があって、出張の際読んでみたらなんとも感慨深い話だったので、いつも行く事務所近所の東京堂ではなく三省堂まで足を運んでみた。

新井さんのおすすめする本でもないかなと思って文庫のコーナーを散策していると、テレビに出ていた本人がいたので、テレビを見たこと、勧められていた本が面白かったとお礼を言うと、それならと新しい本を紹介してくれた。

そんな本の街神保町に事務所があってよかったなと、ふと思っていた。

日曜日、いつものように息子のサッカー教室についていき、終わった後コーチとベンチに座りながら、そんな偶然あった出来事を話していたら、実はコーチは東京堂に勤めていたという偶然の中にまた偶然があった。

次はまた東京堂に行こうと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中